24時間融雪監視センター

当社では人が現地の様子と気象情報を常に確認し、状況に応じて適切な運転をおこなうことが最もムダの無い運用ができると考え、
現地に遠隔制御装置とカメラを設置し、12月〜3月までの間、24時間遠隔で監視できるサービスを開発しました。

  1. トップ
  2. ゆりもっととは
  3. 24時間融雪監視センター

人の目でみて、人の判断で省エネ運転

目視による現地確認
監視センターでは監視カメラは30分毎にインターバル撮影しており、その画像から現地の状況を確認しております。また、細かなご要望にも応えられるよう各物件に融雪レベルを設定し、ボイラーON/OFFのタイミングを調整しております。
気象状況の把握
高解像度ポイント気象予報を参考に、常に雲の動き・気温・風速・気象予報を把握し、ボイラー運転の判断材料としております。
現地トラブルの一次対応
機器の通信エラーや融雪が進んでいない場合の現地確認に備え、現地パトロールをおこなっており、ボイラーエラーの際は速やかにお客さまもしくは管理会社に報告いたします。

目視による現地確認

監視センターでは監視カメラは30分毎にインターバル撮影しており、その画像から現地の状況を確認しております。
また、細かなご要望にも応えられるよう各物件に融雪レベルを設定し、ボイラーON/OFFのタイミングを調整しております。

気象状況の把握

高解像度ポイント気象予報を参考に、常に雲の動き・気温・風速・気象予報を把握し、ボイラー運転の判断材料としております。

現地トラブルの一次対応

機器の通信エラーや融雪が進んでいない場合の現地確認に備え、現地パトロールをおこなっており、
ボイラーエラーの際は速やかにお客さまもしくは管理会社に報告いたします。

AI技術による運転停止判断のサポート

監視オペレーター個々人のノウハウに依ることなく、高度な画像処理機能、現地のピンポイントな気象情報と
熟練した監視技術による運転履歴を基にしたAI技術により、ボイラーの運転停止を判断しています。