ゆりもっとについて

監視体制

ゆりもっとのロードヒーティング省エネ運転代行サービスは、シーズン中24時間体制で、当社の監視センターから遠隔監視・操作を行っています。降雪センサーによる自動運転とは違い、目視で積雪を確認した上でロードヒーティング操作を行うので、誤動作による無駄な運転がなく、非常に効率的です。

導入効果

ゆりもっとを導入すると、ロードヒーティングの融雪効率が飛躍的に上がります。降雪センサー頼りの自動運転の場合、降雪時間に対する融雪運転時間の割合は平均159.1%と、降雪時間の1.5倍も無駄な運転があるのに対し、目視による積雪監視を行った場合、この割合は平均80.9%まで抑えることができます(2008-09シーズン、当社調べ)。

料金プラン

ゆりもっと導入の料金プランのご案内。既存のロードヒーティング施設の状況によって、効率的かつ最適な機器台数を検討し、削減効果と導入費用をシミュレーションいたします。実際の導入の参考になる運用シミュレーションや、賃貸マンションオーナー様向けのお得なプランのご案内も。

機器仕様

ロードヒーティング装置には灯油ボイラー、ガスボイラー、電気ヒーターなどがありますが、ゆりもっとの遠隔通信・操作制御端末は、ロードヒーティングの様式を選びません。KDDIのモバイル通信網を用いて、パソコンや携帯電話等のインターネット端末からタイマー運転・保温運転・自動運転・連続運転・強制停止・カメラ撮影等を行えます。

外部評価

ゆりもっとは「融雪装置遠隔制御システム」として、2008年4月に特許を取得しています(第4104635号)。また、経済産業省北海道経済産業局より北国の省エネ・新エネ大賞を受賞するなど、各評価機関から高い評価を受けています。

ページのTOPに戻る